みずにゃん「うつ病」「パニック障害」自らの半生を語る

みずにゃん」(登録者17万人)が「みんなに今まで隠してた人生を話します。」という動画を公開しました。

みずにゃんはYouTube界の不祥事やニュースなどに対する見解を語る“物申す系”YouTuber。
2回にわたって、自らの半生を語る動画を公開しました。

全国1位の学力があった小学生時代

みずにゃんは、鹿児島県出身で、小学4年生のとき「テストの成績がクソ悪くてお母さんが激怒」し、中学受験専門の塾に入塾したのが、最初の人生の転機だったそうです。
塾は「すっごい楽しくて」、学校を休んでも塾には行くほど。
中学受験には興味がなかったものの、周りに合わせて毎日、夜の10時~11時まで勉強するうちに、日本有数の進学校である「ラ・サール学園」を狙える学力が身についたそうで、得意科目の社会では全国模試の1位を取ったことも。

ラ・サールに合格するが落ちこぼれる

無事ラ・サールに合格したものの、今度は勉強への意欲を失い「燃え尽き症候群」になったというみずにゃん。
最初に受けたテストで低レベルの成績を取り、そのまま3年間、実質落ちこぼれで、

部活・アニメ・エロゲーにはまって、ネット中毒者でもありました

と語っています。

高校でうつ病・パニック障害に

そのままラ・サール高校に進学すると、今度は半年間不登校に。

先生と反りがあわなかったり、勉強が思ったよりできなくて、自分のプライドが超ズタズタにされて。
どうしても学校に行くのが恐怖になった。怖くなった。
そのときに、うつ病とかパニック障害っていうのを起こしてしまったんだよね。

学校には行くものの、教室には入らず保健室に通っていたそうです。

「クイズ」に救われる

その後、縁があって「クイズ研究会」に入部。
そこで早押しクイズの魅力に取りつかれ、これがキッカケで「教室に入ってもみようかな」と思えるようになったそうです。
「部活のために学校に行っていた」状態になり、高校2年生のときには人気クイズ番組「アタック25」に出場。
優勝し、初めて海外旅行に行くことができたそうです。

 

次ページ「打ち込めるものが一個あれば人は救われる」

1 2