MEGWIN TV、反論動画投稿で110日ぶりに登録者が増加

2019年3月30日、「MEGWIN TV」(登録者数96万人)の登録者数が、昨年12月の炎上から110日ぶり増加に転じました。

 

3カ月以上経っても登録者が減リ続けていた

MEGWIN TVは昨年12月に元社員のファルコンとメテオが退職に追い込まれれたという告発で炎上し、“解除祭り”が発生。
炎上直後の数日間で10万人以上がチャンネル登録を解除。
その後、登録者数の減少ペースは緩やかになったものの、3カ月以上にわたって登録者の減少が継続し、2月2日には登録者数100万人を割りました。
 

 

110日ぶりに登録者数が増加

MEGWIN TVは3月29日にファルコンとメテオに対する「反論動画」を公開。
(関連記事「MEGWIN、ファルコンとメテオから「殺すぞ」と脅迫されたと告白」)
これを受け、登録者数が実に110日ぶりに増加に転じました。

反論動画では評価数もコメントも非公開になっているので、視聴者の直接的な反応を見ることはできませんが、登録者数が増加したことから、反論動画は好意的に受け止められたと解釈できそうです。
 

 

ファルコンとメテオは4000人以上減少

一方、ファルコンとメテオの運営する「。ふぁるこんとめてお」の登録者数はどうでしょうか。
MEGWINに対する告発で大きな注目を集めた2人のチャンネルは、1週間で登録者数が30万人を突破。
しかしその後は停滞し、1月14日の32万2544人をピークに、今度は減少傾向となりました。
 

 
MEGWINの反論後は、登録者が4000人以上減少しています。(3月31日10:22現在)