ヒカル、今度は後輩潰しで“新潮砲”炸裂

2019年4月8日デイリー新潮が「YouTuber「ヒカル」に再びスキャンダル? 今度は“後輩つぶし”の疑惑が浮上」という記事を公開しました。
 

ヒカルが“わかにゃん潰し”に加担との報道

記事は、「わかにゃん」(登録者数16万人)に対し、所属事務所のVAZが“わかにゃん潰し”を画策していたという内容で、

ヒカルが“わかにゃん潰し”動画制作に、加担していた

というもの。
※これまでの経緯は「VAZイジメ炎上の経緯まとめ」でご覧ください。

 

ヒカルは「嘘ばっかり」と反論の姿勢

ヒカルはデイリー新潮の記事に対し、「記事が嘘ばっかり」と怒っている様子。
反論する動画を近々公開する模様です。

 

わかにゃんを潰すための創作動画を画策?

記事では、「VAZと関係が深い、さるYouTuber」が“わかにゃん潰し”の証言をしています。
この人物によると、VAZの役員からわかにゃんを叩くため「完全に創作の」動画制作の依頼があったとのこと。

台本まで送られてきていて、内容は『自分は過去にわかにゃんから脅迫されました』『キレたわかにゃんから刃物をつきつけられました』と“告発”するもの。もちろん、完全に創作の話です。
デイリー新潮

 

記事中のやり取りはヒカルとよりひとのもの?

計画はLINEグループで進められており、LINE上でのヒカルと「別のYouTuber」との実際のやり取りが記事には掲載されています。

ここでヒカルは〈○○(※別のYouTuber)どう?〉〈○○のチャンネルで話すのが一番よな?〉と投稿【画像1】。一方の○○は、VAZの役員に対して〈僕と2人で話せませんか?(汗 ヒカルさんにお願いされたんですけど〉とメッセージを送っている
デイリー新潮

そして

現在、この(別の)YouTuberのチャンネルには、自身がヒカルのマネージャーと共に、わかにゃんについて語る動画がアップされている――。

となっています。

「ヒカルのマネージャー」は、元VAZ副社長でヒカルのマネージャーを務める高橋氏であるとすると、「別のYouTuber」として推測されるのは「よりひと」でしょう。

よりひとは2月26日に公開した「【元VAZ副社長】本当の真実がヤバすぎるんだが」で高橋氏と共演し、確かにわかにゃんについて語っています。
 

 

ヒカルが後輩潰しに加担する意味はあるか?

今年1月末、VAZがわかにゃんに対するイジメや給料未払い問題などで炎上していたとき、ヒカルは、現在VAZに所属していない自分が「VAZの“顔”として扱われるのが煩わしい」と「自分に関係ないところで足を引っ張られたくない」と語っています。
(関連記事「ヒカル、VAZに所属していないと発表」)

また、デイリー新潮の記事では

ヒカルは過去に炎上を経験している身。給与問題の火の粉が、自分へ飛ぶことを恐れていたという。

とあります。
わかにゃんのイジメ問題について、、自らが中心となって和解を取り持つなど、炎上を早々に収束させたがっていたヒカルが、感情的な後輩潰しに加担する意味がどこにあるのか疑問です。

 

“文春砲”をノーダメージでかわしたヒカル

なお、ヒカルは今年の1月には週刊文春からセクハラ行為を糾弾されています。
その際は「コレコレ」(登録者数92万人)の動画に告発した女性が登場し、、経緯が検証された結果、女性側に批判が集中。
結果、ヒカルはノーダメージ。
文春の記事は、有名YouTuberの名前を出すことで話題性を狙ったのではないかと推測せざるをえません。
(関連記事「ヒカル「セクハラ行為」で文春砲が炸裂。ヒカル「地雷って踏まなわからんねん」」)

 

ヒカルの反論が待たれる

デイリー新潮の記事には、ヒカルが参加していたLINEグループで、わかにゃん潰しの計画が立てられていたと書かれています。
しかし、記事に掲載されたLINEのスクリーンショットに、計画に関する発言はありません。

今回も“文春砲”と同様、話題性を狙ってヒカルの名前を出してきたのか、それともきちんと裏を取ったうえで事実を報じているのか不明ですが、「反論する」と言っているヒカルがLINEのやりとりを公開すれば、明白になりそうです。

 
4月8日20:05追記
デイリー新潮の記事の解釈に誤りがあるとのご指摘を受け、当記事を訂正しました。
誤解を招くような表現がありましたこと、お詫び申し上げます。
 

関連記事

わかにゃん、ヒカルに対し証拠の録音を公開して反撃ヒカルとよりひと、LINEスクショ開示しわかにゃんに反論VAZイジメ炎上の経緯まとめ

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.09.15~

もっと見る