syamu、ゆゆうたとコラボ。“伝説”の裏の新たな事実が明らかに

2019年4月22日「鈴木ゆゆうた」(登録者数29万人)が「syamu」(同28万人)とのコラボ動画を生配信しました。

syamuは、かつてYouTubeで人気を集めながらも、長らく表舞台から姿を消していた“伝説のYouTuber”。昨年11月に復活した後、今年2月には行方不明騒動で大きな話題となりました。
(関連記事「誘拐騒ぎからUUUMアポなし訪問、syamu怒涛の10日間まとめ」)
一方、鈴木ゆゆうたは個性的な演奏スタイルが特徴の音楽系YouTuberで、syamuファンを公言しています。

 

ゆゆうた「syamuの謎を解き明かす」

今回のコラボは、4月11日、ゆゆうたの生配信中にsyamuがチャット欄に現れたことから実現しました。
(関連記事「ゆゆうた生配信にsyamuが降臨し”神回”に。2人のコラボが決定」)
ゆゆうたは、syamuとのコラボにあたって「syamuの謎を解き明かす」と語り、果たして今回syamuが何を語るのか大きな注目を集めていました。
 

生放送は20:00から、2時間以上にわたって実施され、最大17,500人が同時視聴。
コラボは、自宅のゆゆうたと、ホテルと思しき部屋にいるsyamuをつないでの遠隔配信でした。
 

音質の悪さに「玉音放送」の声

部屋の事情で大声を出せないsyamuは終始声を抑え気味で、笑顔を絶やさないゆゆうたと対照的。
加えて、syamu側の音質が悪く、視聴者からはその様子を「玉音放送」にたとえる声が寄せられていました。
それに対して、ゆゆうたが「syamuさんはYouTube界の天皇みたいなものだから、かえって神々しさが引き立つ」と返す場面もありました。
 

syamuはシバターが嫌い

冒頭で自己紹介を終えたsyamuに対して、ゆゆうたが質問したのは「シバター」について。
syamuはシバターを「嫌い」と回答。
これについてゆゆうたは、シバターがsyamuとコラボした際に、syamuに対して犬のマネをさせようとしたことや、罵詈雑言を浴びせたことにsyamuは怒っていると補足。
syamuは、今後またコラボする機会があればシバターに犬のマネをさせたいぐらいだと啖呵を切り、

シバター待ってろよ!

と言い放ちました。
 

尊敬するYouTuberはヒカキン

また、「尊敬するYouTuber」を尋ねられると、
「ヒカキンさんですね、やっぱり」と回答。

昨年11月に復活した際、ヒカキンにツイッターでコメントを寄せられたことから、
(関連記事「伝説のYouTuber「syamu」復活か?ヒカキンもコメント寄せる。」)
ゆゆうたにコラボの可能性を問われると、

自分は力ないですから。まだです。

と、謙遜しました。

 

ゆゆうた宅の”凸”事件は知らなかった

ゆゆうたとsyamuが初めて接点を持ったのは、今年2月に、syamuの代理人だった「虚夢」がゆゆうたの自宅に”凸”(突撃)すると宣言したときのこと。
(関連記事「syamu代理人、深夜の突撃宣言でゆゆうた&たっくーを恐怖に陥れる」)
ところが今回の生配信で、このときsyamuはスマホの電源を切っており、そもそも虚夢の凸宣言を知らなかったことが明かされました。
なお、syamuは現在、虚夢に代わる新しい代理人に動画投稿やツイッターの管理を任せているとのことです。

 

「Syamu_game名言集」を披露したゆゆうた

ゆゆうたはsyamuの名言を曲にした「Syamu_game名言集」をsyamuの前で熱唱。
感想を求められたsyamuは「センキューフォーミュージック」と答え、
この答えにゆゆうたは「まさかの音楽全てに対する感謝の言葉をいただきました」「これは神の域です」と感想を述べています。

時々会話が噛み合わない二人でしたが、ゆゆうたの抜群の話術で、よりうまくとりなされて会話が進んでいきます。

YouTube

 

syamuと距離を取るゆゆうた

syamuからゆゆうたに、カラオケやゲームセンターに遊びに行こうという誘いがあったそうです。
ゆゆうたは

動画撮るとかじゃなく、いち友人として、僕を配信者としてじゃなくて、友人として遊びに行こうと言ってくれた

と語りましたが、syamuは

言ってくれたのに返信がないというね。

さみしかったね、あんときは

と、ゆゆうたがメールの返信をしないことに苦言を呈しました。

syamuさんが彼女に見えてきた

と発言。ゆゆうたは弁解したものの、その後もsyamuからオフ会の共同開催などを提案されてもはぐらかしており、syamuとは一定の距離を取りたいように見えました。

7時間放置伝説は事実ではない

配信中にはこれ以外にも、syamuが持つ数々の“伝説”について、新たな事実がいくつも明かされました。
その一つ、ネカマに騙されて難波駅で7時間待ちぼうけを食らった件について、syamuはこのとき「実は1時間も待ってません」と明かし、ゆゆうたは「伝説が書き換えられた」と驚いたようでした。

 

女性から「順平さんと話がしたいです」

活動休止後の女性関係については、
「宿舎」の前でsyamuを出待ちしていた女性がいたことがあったと語るsyamu。
女性に郵便ポストに「手紙を突っ込まれた」そうで、手紙には「順平さんと話がしたいです」と書かれてあったものの、syamuは無視したそうです。
その女性の容姿についてsyamuは「普通じゃないかな」と答えています。
他にも、別の女性に後をつけられて巻いたこともあるそうです。

 

2018年1月のツイートについて

2018年1月にsyamuがツイッターで引きこもり支援施設への寄付を呼びかけた件について。
引きこもり支援施設に行った際に、自分を知っているらしい人物から声をかけられたというsyamu。
引きこもり支援施設の人がお金に困っていたのを知り、「自分も引きこもりやったから力になりたくて」「なんとかしてあげたい」と思い、ツイッターに投稿したようです。

ゆゆうたは

施設のために一役買えないかなと立ち上がった
それはふつうにすごくないですか?
自分だってお金に困ってる。その力を引きこもり施設のために使ったんですよ。

とsyamuを称賛しました。

 

YouTubeの収益も寄付したい

syamuは

いつかチャリティコンサートしたいね。

と発言。
ゆゆうたは、

やっぱりシャムさん一番求められているのってそこにあるかもしれない。
人々を笑顔にさせるための。そこですよシャムさん。

と呼びかけ、syamuは

お金の使い方わからんから、自分も引きこもりやったからお金あげたいと思うし。

と、YouTubeの収益も一部は寄付したいと宣言。
ゆゆうたは「私利私欲でYouTubeやってるのが恥ずかしくなるわ」と再びsyamuを称賛しました。

 

ぶっちゃけDTですか?

ゆゆうたは、好きな女性のタイプを質問。
以前とは好みが変わったというsyamuは「やさしい女性」が好きだとのこと。

ゆゆうたから「ぶっちゃけDTですか?」と尋ねられたsyamuは

DT

と回答していました。

 

会社をつくりたい

やりたいことを尋ねられたsyamuは

引きこもりの人たちが社会に出なくてもいいように、家でも仕事できるような会社をつくりたいかな。
会社つくりたい。

と発言。
「マジすか!? すげー!」と驚くゆゆうたに
「前は自分のためにyoutubeやってたけど、今は人のためにYouTubeやりたい。」と語りました。

 

会社設立が裏で進行中?

ゆゆうたが、会社設立をひろゆきに相談したらどうかと薦めると

実は裏で話が進んでますんで

と回答。

最近「ひろゆき」の紹介でガジェクリという事務所の所属したことから、
(関連記事「syamu、ひろゆきの紹介で事務所所属が決定」)

(ひろゆきも)多分知ってるんかな。

と語りました。
これを受けてゆゆうたが

今回のsyamuさんはひとりじゃない。
バックにひろゆきさんが付いてるんですよ!

と発言すると、syamuは

話が大きくなってるよ
また勘違いが始まったよ

と返答。
いったいどこまで話が進んでいるのかは不明です。

 

「勇者」syamu

syamuは自分自身は「YouTuberとは思ってない」と発言。
活動の理由について
「隠れても叩かれるなら、堂々として叩かれたほうが楽。」と答えると、
ゆゆうたは

勇者と呼ぶべきではないでしょうか!?

と発言。
視聴者からは「勇シャム」という言葉も飛び出していました。
さらにsyamuは

辛辣なコメントは良薬

とアンチへの耐性を見せつけました。

 

VTuberにハマる男性も”精スプ”

女性問題に翻弄されがちなsyamuに対し、ゆゆうたは男性としての本能だとフォロー。
syamuは言わせてもらっていいかと前置きし、

女性VTuberで配信とかで男がコメントするやん。それも”精スプ”(女性に執着すること)じゃない?

とVTuberにハマる男性は自分と同類だと発言。

これをゆゆうたは、「正論」だとして

VTuberにハマってる諸君。(中略)
金を落としても(女性と)対等にすらいないんだぞ。
ネット民を説き伏せましたよ

と語りました。
これには視聴者からも正論だという意見が多数寄せられていました。

ところが配信の終盤では、syamuはなんだかんだ言ってもVTuberが好きだと発言。
ゆゆうたに「恋してるんですか?」と聞かれると
「わからんけど」と回答。
これに対し、ゆゆうたは

それって恋ですよ。恋って最初はわからないものなんだもの。

と返し、syamuの恋を確信したようです。

 

オフ会ゼロ人はゼロ人じゃなかった

また、syamuのエピソードの中でも最も有名な”オフ会ゼロ人伝説”についても、衝撃の事実が明らかになりました。
これに関してsyamuは「ゼロじゃないみたいですね。どうやら。」と発言。
当日syamuはオフ会の開始時刻に30分遅刻していったそうですが、その際参加者がひとり来ていたと明かしました。
参加者は男性で、syamuよりも年上の40代。
昨年その男性と家の近所で会い、オフ会に来ていた事実を知ったようです。
そのとき、男性の求めに応じて自分のサングラスやブレスレットを譲ったとのこと。
対価として3万5000円を受けとったものの、そのお金は使わないで置いているそうです。

他にも
・今後やりたいことはゾット帝国の復活
・お父さんも活動を支援してくれており、今は家族公認。
・親は家バレは屁でもない
・貝塚レートは勘違いしていない
という話題もありました。

 

syamu自身が「Syamu_game名言集」を歌う

配信の最後では、syamu自身が「Syamu_game名言集」を歌いました。
たどたどしい歌い方ではありましたが、はじめての本人の歌唱というレアな映像でした。

コラボの感想を求められたsyamuは

よかったですね、今日。
肩の荷が降りたような気がします。

と発言。

最後にゆゆうたは「楽しい2時間を過ごせた」と語り、
「聞きたいことを全部聞けたし、syamuさんも(自分に対して)悪い気持ちを持ってなかった」と得たものは大きかった様子。
「平成の最後にこのコラボができてよかった」と締めくくっています。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.05.19~

もっと見る