かわいいけどシュール、からめるの投稿する動画が人気急上昇中

最近、あるYouTuberの動画が「シュールすぎ」と人気が爆発しています。

話題となっているクリエイター「からめる」(登録者数27万人)によるキャラクター動画。白い猫や灰色の球体といった独特なキャラクターが躍動するそれらの動画には、短いながらもシュールで破壊力のあるネタが詰め込まれています。
もともとはTwitterでgif画像をアップしており多くのフォロワーを獲得していましたが、2018年1月ごろからYouTubeでも投稿を開始。

からめるはYouTubeやTwitterだけでなく、2019年3月にリリースされたLINE絵文字も絶大な人気を獲得するなど、幅広く活躍しています。

実在する危険物「デーモンコアくん」

動画には、さまざまなキャラクターが登場します。その中でもひときわ強い個性(と閃光)を放つのが、「デーモンコアくん」。


動画の中では

臨界実験の時に使用するプルトニウムの塊のことで、デーモンコアの入ったベリリウムのコアをマイナスドライバーでどれだけ近づけたらコアが臨界状態に達するのかの実験で使われるもので(中略)
簡単に言うと、くっつけてしまった時には青い光と共に大量の中性子が放出されて、死ぬ

との説明がされているデーモンコアくん。このデーモンコアについては、実際にデーモンコアをくっつけてしまった科学者の証言をもとに、The New Yorkerが解説をしています。(参考記事:The New Yorker「The Demon Core and the Strange Death of Louis Slotin」)

記事によると、デーモンコアを一瞬でもくっつけてしまうと、日中でも目視できるほどの強い光に加えて致死量の「4000倍」もの放射線が放たれます。また危険な実験を支えるのは、たった1本のマイナスドライバーのみ。実際にデーモンコアを合わせてしまうという事故を起こした科学者「スローテイン博士」は、数日のあいだ放射線障害に苦しんだのち、35歳という若さで亡くなっています。

そんな超危険なデーモンコアですが、動画でもその威力をいかんなく発揮しており、たびたび他のキャラクターを消し飛ばしてしまいます。

 

急上昇ランキング1位をキープ

この1週間は、からめるの人気に更なる拍車がかかりました。

YouTube

2019年4月19日から、YouTubeの急上昇ランキング1位を4日にわたってキープし続けるという偉業を達成。

この偉業が多くの視聴者の目にとまることとなり、4月19日には21.5万人だった登録者数も、24日には27万人に到達しています。実に1.2倍まで急増した計算ですが、今でもなお新たな登録者を獲得し続けています。

加えて当サイトの「日間チャンネル登録者増加ランキング」でも、4月20日から23日にかけて1位を独占しています。

このように人気爆発中のからめる。視聴の際は、デーモンコアくんの放つ光で目を痛めないように注意してください。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.05.19~

もっと見る