YouTubeの広告の掲載条件が登録者数1,000人以上、再生時間4000時間以上に厳格化。既存チャンネルにも影響。

YouTubeが2018年2月20日から、YouTubeパートナープログラムの参加基準を厳格化することを発表しました。

・過去12ヶ月の総再生時間が4000時間以上
・チャンネル登録者数1000人以上

の2つの条件が課せられます。

参加基準に満たないチャンネルには以下のようなメールが届いているようです。

日本語訳

今日発表された新たな資格要件の下で、あなたのYouTubeチャンネルである***は、過去12ヶ月以内に視聴時間が4000時間、1,000人の新しい視聴者数に達しないため、収益受け取りの対象になりません。
その結果、今後30日間でこの上限を超えない限り、チャンネルは2018年2月20日にYouTubeパートナープログラムに関連付けられているすべての収益化ツールと機能にアクセスできなくなります。
したがって、このメールは、YouTubeパートナープログラムの利用規約が終了してから30日以内に通知されます。

YouTubeの重要な価値の1つは、誰もが盛んなチャンネルから収益を得る機会を提供することです。この新しい基準にまだ達していないクリエイターは、クリエイターアカデミー、ヘルプセンター、クリエイターサイトのすべてのリソースを活用してチャンネルを拡大することができます。チャンネルが新しいしきい値に達すると、チャンネルがGoogleのポリシーとガイドラインに準拠しているかどうかを確認し、そうであれば収益受け取りを再度有効にします。

YouTubeは2017年4月にもパートナープログラムの参加基準を厳格化していますが、
今回はさらに参加基準が厳しくなっています。

ローガン・ポール氏が自殺者の映像を投稿して炎上したのが記憶に新しいところですが、
今回の変更はそうした騒動を防ぐ目的があるようです。

YouTubeの公式ブログによると、99%のチャンネルは前年に100ドル以下、90%は先月2.5ドル以下の収益しかあげていないとのことです。

YouTubeにとっては100ドルは小さい金額かもしれませんが、
小さいチャンネルの運営者には数千円でも良いお小遣いになっていたはず。

今回の変更は前回以上のインパクトがあると思われます。