天皇陛下を侮辱したステハゲ、YouTubeに収益化停止させられてしまう

ステハゲ」(登録者数6.4万人)が2019年5月7日、YouTubeの収益化が停止されたことを報告しました。

大学生YouTuber、ステハゲは4月30日に「天皇とかいう生前退位した陰キャラ」という動画を公開し、天皇陛下を「お前」呼ばわりするなどさんざんこき下ろしました。
これには視聴者から批判が殺到し、ステハゲは動画を削除。
態度を一変させ、天皇陛下を絶賛する動画を何本も投稿していました。
(関連記事「ステハゲ、天皇陛下を「お前」呼ばわりし炎上」)
 

 
動画はほとんど真っ暗で、かろうじてスーツ姿のステハゲが認識できる程度。
ステハゲは

天皇陛下ならびに皇室関係者の皆様に対する侮辱的動画によって、天皇陛下および皇室関係者の皆様、そして日本国民の皆様に言葉で表せないほどの不快な思いをさせてしまったことを心よりお詫び申し上げます。

極めて悪質で極めて軽率で極めて不適切な動画であったと深く反省しております。(中略)
不愉快な思いをさせるような悪質な動画は二度と投稿しないことを誓います。
本当に申し訳ございませんでした。

と、謝罪しました。
 

チャンネルの収益化が停止される

謝罪に加えてステハゲは、チャンネルの収益化が停止されていることを報告。
収益の統計画面を見せ、「5月1日からピタリと収益が止まっていることが確認できます」と語りました。

YouTube

停止の原因については、

原因は定かではないのですが、おそらく天皇陛下に対する大変ご無礼な動画、そして過去に私が投稿してきた不適切な動画、その数々の積み重ねによって悪質なユーザーと判断され、YouTubeさんよりチャンネルの収益化を停止されたのではないかと予測しております。

と語りました。

活動停止も考えたというステハゲは、今後について、収益が発生しなくても「有意義で健全で、社会のためになるような」動画を投稿していくと語っています。

 

重大な違反の場合、全アカウントで収益化停止も

「チャンネルの収益化」は、YouTubeから報酬を得るために必要で、有効な場合、動画で広告が表示された際などに報酬を得ることができます。収益化の停止はYouTuberにとっては死活問題です。
「YouTubeヘルプ」には

パートナー プログラム ポリシーに関する重大な違反があった場合は、すべてのアカウントで収益化が完全に無効化される可能性があります。
YouTubeヘルプ

との記載があり、「重大な違反」により収益化が完全に無効化された可能性があるようです。

 

収益化停止は本当?

ステハゲは昨年11月、活動停止を宣言。
SNSで大きな話題となりましたが、これは“釣り”でした。
(関連記事「ステハゲの「最後の動画」に全員が釣られてしまう」)

今回の動画でステハゲが提示した画面は、別のチャンネルの画面で偽装できますし、収益化停止処分を通知するメールやYouTubeの管理画面を見せていないので、果たして収益化の停止が本当なのか、今回の動画だけでは判断できません。

視聴者を煽ったり釣ったりするのがステハゲの特徴であるだけに、今回もネタの可能性は否定できないと思います。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.09.09~

もっと見る