ジョーブログ、書類送検される

渋谷のスクランブル交差点での迷惑行為によって炎上していた「ジョーブログ」(登録者数133万人)が書類送検されました。

警視庁渋谷署は13日、都内の会社役員でユーチューバーの男(27)ら男女7人を道交法違反(道路での禁止行為)容疑で東京地検に書類送検した。(中略)調べに対し、会社役員の男は「面白い動画を撮りたかった」と容疑を認めている。
Yahoo! ニュース

ジョーは、4月22日に「警察に出頭しました」という動画を公開。
警察からは厳重注意を受けたにとどまったと説明していました。
(関連記事「ジョーブログが警察出頭を報告。しかし登録者は2日で2万人減少」)

今回の書類送検を受け、出頭したというのは虚偽なのではないかという声もツイッターでなどでは上がっています。

ジョーブログ本人は現在フィリピンに滞在中のようですが、視聴者からの「逮捕おめでとうございます」というコメントに対し「出頭して取り調べは済んでいるから逮捕はない」と返信しています。

 

書類送検とは

なお、「書類送検」とは逮捕を必要としない事件で起きるもので、

書類送検とはいわゆるマスコミ用語の一種です。また、「書類送検」は、単に事件を取り扱う主体が警察から検察へ移る手続に過ぎず、最終的な刑事処分ではありません。(中略)
逮捕を伴わず書類送検された事件は、結果的に軽い処分で終わる場合が多いといえます。
しかし、これは単なる運用上の割合の違いに過ぎず、書類送検だからといって、軽い処罰で済む保証は法律上どこにもありません。
東京・刑事事件相談

 

YouTuberが「お祝い」

書類送検を受け、他のYouTuberも次々に反応。
スーツ」(登録者数15万人)は「祝!!ジョーブログが書類送検!でも上級国民だから逮捕されない???」という動画を公開。

ジョーブログが「嫌い」と公言していた「シバター」(登録者数100万人)は「書類送検されたジョーブログを救いたい」という動画を公開。
缶ビールを片手に満面の笑みで書類送検を喜び「YouTuberとしても、人としても終わりだよ」と全力で煽りました。
シバターの「○○を救いたい」では最終的にパチスロに誘うのが定番となっていますが、今回は終始ジョーブログを煽るだけで動画は終了しています。

 
2019年5月15日追記

ジョーが謝罪文を公開

ジョーが代表を務める「オンザロード」のウェブサイト上で、謝罪文が公開されました。
文章は「ジョー/金沢仁宏」名義で5月13日に書かれたもので、関係者や通行人、ファンへの謝罪を綴っています。

一歩間違えれば、交差点に取り残された人に自動車がぶつかるなど、交通事故を起こす危険のあるものでした。この企画を考えていた当時は、(中略)こういった危険について、僕たちには十分に想像力が及んでいませんでした。(OnTheRoad

自分の活動を見守ってくれる人たちの中から、とりわけ子どもたちに、こういった危険な行為を真似する人が出てくる可能性があることにも十分な想像力が及んでいませんでした。
OnTheRoad

と、交通事故の危険性や模倣されることに考えが及んでいなかったことを反省したものとなっています。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.07.13~

もっと見る