元女子高生社長の椎木里佳がYouTubeデビューするも低評価殺到

2019年5月19日、椎木里佳氏がYouTuberデビューしました。
チャンネルは「椎木里佳 rikashiiki」。

“女子高生社長”として注目を集めた椎木里佳

中学3年生のときに会社を立ち上げ、その後“女子高生社長”として世間の注目を集めた椎木里佳氏。
現在は慶應義塾大学に在学中で、「JC(女子中学生)とJK(女子高生)のマーケティング支援を事業として展開している」と動画で語っています。

 

初投稿動画は低評価率97.4%

5月21日10:50現在、チャンネル登録者数は2615人。
初投稿された動画の再生回数は12万2124回で、高評価745に対し、低評価がなんと28,026もついています。
低評価率も97.4%と極めて高い数値です。

コメント欄でも

えげつないほどの低評価なんやこれ笑

若い女の子が炎上狙いをせず、普通の動画投稿するだけでこんなに低評価貰えるのはもはや才能
皮肉じゃないですよ

といった声が寄せられています。

 

デビュー時の低評価記録を樹立か

デビュー時に低評価が多くついた有名人としては、2019年3月にデビューした、人気テレビ番組「あいのり」の元メンバー「桃」(登録者数1.6万人)が85%。
(関連記事「『あいのり』元メンバーの桃がYouTubeデビュー。初動画には低評価殺到」)

“映り込み系YouTuber”の「ゆうかん」(登録者数1.2万人)が96%となっています。
(関連記事「台風中継に映り込む謎の女性がYouTuberデビュー」)

椎木里佳の97.4%という低評価率は初回投稿の動画としては過去最高で、低評価の数においても過去最高になるのではないかと思われます。
なお、当サイトの登録チャンネルの中では過去最高でした。(投稿後7日間以内の数値)

 

本人はツールでの低評価を疑う

あまりの低評価数に本人も驚いたようで、ツイッターで


と、「自動的に低評価を押せるツール」のせいにしています。

当サイトで調べたところ、そうしたツールが存在することは確かなようですが、実際にツールによって低評価が押されたのかは定かではありません。

それを受けたコメント欄には、

自動ツールで低評価を押されて悲しまれてるとのことですので、僭越ながら手動での低評価を押させていただきました。

僕は手動で低評価いれました

と揶揄する声も寄せられています。

 
2019年5月22日追記

低評価ツールの開発者から否定される

椎木里佳は、視聴者から情報のソースについて尋ねられると「すこすこ砲」と返答。

すると「すこすこ砲」の開発者本人が、「そもそも、すこすこ砲は1つの動画に複数の低評価を押すのではなく、全動画に1つずつの低評価を押すツールです。」と回答。
椎木里佳は素直に「納得です」と返信しています。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.08.12~

もっと見る