カジサック、デビュー動画の高評価が低評価に並ぶ

カジサック」(登録者数89万人)のデビュー動画の低評価数が高評価数と並びました。

カジサックことキングコングの梶原雄太は、2018年10月1日にチャンネル開設し、お笑いタレントからYouTuberに転身。
「2019年の年末までに登録者数100万人を達成できなければ芸人引退」というチャレンジに挑んでいます。

 

活動当初はアンチが殺到

2018年10月のYouTuberデビュー時は、視聴者からは「おもしろくない」、「売れなくなった芸人がyoutubeに媚びるのほんと草」など、批判が殺到。

YouTuber界でも“物申す系YouTuber”「シバター」(登録者数100万人)から「キングコングの梶原なんてそこらへんのYouTuberと同等かもっと下」などという批判がありました。
(関連記事「シバター、カジサックに敗北宣言。二人の応酬の経緯」)

動画の低評価率は70%程度で推移し、自身も動画内で「こんなに(アンチ)来る?」とこぼすほど。
(関連記事「カジサックことキンコン梶原 嫁への誕生日サプライズが大絶賛で号泣者続出」)

 

 

デビュー動画の高評価が低評価と並ぶ

その後、地道に活動を続けた結果、登録者数は90万人目前。
目標の100万人も8月頃には達成できるペースです。

視聴者からの評価も日に日に上がっており、デビュー動画の高評価数はついに低評価と並びました。
(正確にはまだ700程度の差があります)
カジサック本人もツイッターで喜びコメントを投稿をしています。


 
参考までに、これまでの全動画の低評価率をグラフにまとめました。

グラフを見ると、デビュー当初は60%程度の高さになっていますが、これでも当時に比べると低くなっています。

2019年2月に高くなっているのはスタッフへのドッキリで炎上した際の動画です。
(関連記事「カジサック、スタッフへのドッキリが不快だと炎上」)

3月の中旬頃からは低評価率がかなり低くなっています。
10%を超えたのも4回しかありません。

当初は話題先行だったカジサックですが、この評価の高まりは、ファンの定着を示すものではないかと思われます。
また、このところ、芸能人のYouTube進出が相次いでいますが、カジサックの成功も一因となっているかもしれません。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.06.12~

もっと見る