すとぷりの「めざましテレビ」出演が急遽中止に。
アンチが原因?

“歌い手”と呼ばれる人たちの中でもそのキャラクター性や歌唱センスが注目を浴び、いま若い女性を中心にファンを増やしている「すとぷりチャンネル」(登録者数35万人)。

2019年6月4日には3周年を迎え、9月には西武ドームでのワンマンライブを予定するなど順風満帆に見えるすとぷりですが、テレビ出演をめぐってとある騒動が起きています。

めざましテレビの人気コーナーに出演

6月4日に迎える3周年を記念して、すとぷりは朝のニュース番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)への出演を予定していました。
フジテレビの公式アカウントは、6月3日19時に出演告知をしました。

顔出しはNGなものの、インタビューや人気コーナー「めざましじゃんけん」出演ということで、多くのファンから喜びの声が上がっていました。

出演予定のコーナーが急遽中止

ところが、放送当日の6月4日午前0時、Twitter公式アカウントがこのようなツイートをしました。


実際、6月4日の放送ではすとぷりのインタビューも、じゃんけんのコーナーもすべてカット。番組に対して、すとぷりファンから怒りと悲しみのツイートがよせられています。

「せっかくずっとテレビの前で待機してたのに、急に無くなるのは…ショックです( ˃ ⌑ ˂ഃ )」
「すとぷり3周年なのになんで朝からこんな不快な気持ちになんなきゃいけないの?」
「待ってたのに。録画もしたのに。ふざけるなめざまし。だからZIP派多いんだよ」(Twitterより)

すとぷり、出演とりやめを謝罪

今回の放送中止に関して、すとぷりはその日の夜に行った3周年記念のライブ放送の中で言及しました。

昨日告知しました、テレビに取り上げていただくというやつ、どうもね、大人の事情でなしになってしまったみたいで。
俺たちもテレビ見て、「え、あれっ?」ってなって知ったんだけど。

3周年記念の大事な日に、みんなに悲しい思いをさせてしまったこと、本当に申し訳ないなと思ってます。

 出演とりやめの原因は

すとぷりが出演中止となった理由は一体何なのでしょうか。
実際の放送を見たところ、4日のめざましじゃんけんはすとぷりの代わりに一般の女性が出演しており、尺などの都合ではなさそうです。
さらに調べてみると、すとぷりの出演を告知するツイートに対して、「すとぷりのメンバーが犯罪者である」とする返信が多数よせられていることが分かりました。

実際にすとぷりのメンバーが犯罪者かどうかはともかく、これらのツイートをうけ、フジテレビが慎重になったことが原因なのでしょうか。

よりひと、動画でアンチ批判

すとぷりの出演中止について、「よりひと」(登録者数67万人)も反応しました。
6月4日に投稿した「【ジョンマナ炎上】とぎもちコメントをできなくする」の中で、よりひとは「すとぷりの囲いキモ過ぎる事件」と称して今回の件についてコメント。
アンチファンとして活動する人に対して、

すとぷりリスナーなんてね、とにかく気持ち悪い集合体みたいなもんなんですけれども。
そいつらがですね、ただでさえ気持ち悪いのに、(中略)それがアンチになると寒気がするくらいキモイんですよね。
普通のファンの人はいいですけどね、騒いでるやつ嫌いなんですよね、気色悪い。死んだらいいのにと思ってます。

と批判しました。一方で、応援していればいずれメンバーの彼女になれるのでは、と考えるファンに対しても、

すとぷりのメンバーの人たちは全員(中略)自分の好きなことことを仕事にできている数少ない選ばれた人間です。あなたたちとは存在価値が違います!
あれれー、このアンチの人とかすとぷりすなーの人生、お先真っ暗だぞー

と煽る姿勢を見せました。

ファンとどう付き合うか

記念すべき3周年の日に重なった今回の騒動。
収録自体は終わってるようですが、インタビューとめざましじゃんけんがいつ放送されるかは告知されていません。