外国人YouTuberが日本の電車で痴漢に遭遇

日本の女性を悩ませる、満員電車での痴漢。
国内では毎年4000件近い痴漢被害(電車外も含む)が報告されていますが、被害が報告されていないケースも多いため、実態はそれ以上と考えられています。
(参考:法務省「平成27年版 犯罪白書~性犯罪者の実態と再犯防止~」)
実際、あるアンケートでは、6割超の女性が痴漢被害を経験したことがあるとの結果が出ています。
(参考:くらしHOW研究所「電車内の痴漢についてのアンケート(女性/2017年/全国)」)
そんな中、海外のYouTuberが日本の痴漢について話す動画に注目が集まっています。

日本語字幕をつけたツイートが話題に

一つ目の動画は、「Luke Holloway TV : JapanLife 101 & Realism」(登録者数2.3万人)が投稿した「Japan Life: Catching TWO Perverts in the act on the train!」。

YouTuberのLukeが、日本で遭遇した痴漢について話す動画ですが、これに第三者が日本語の字幕をつけたところ、1日の間に18,000を超えるリツイートがされ、話題となりました。

Lukeは動画内で、盗撮をしていた男性に対して、

YouTubeに晒されたい?
マジでキモイわ。恥を知れ(ツイートより)

と英語で罵倒しました。
また、すぐ近くで痴漢行為が行われていることを認識しながら何も声を挙げない周囲の人たちにも、

変なことに巻き込まれたくなさそうで、誰も声をあげたくなさそうだったんだ。おい、マジかよ!と思って。(中略)
周りのやつらもただ突っ立っているだけ。誰も何も言わないのも意味不明。(ツイートより)

と、苦言を呈しています。

被害に遭った女性の動画も話題に

また、自身が痴漢された経験を動画として投稿した女性にも注目が集まっています。
「Keira In Tokyo」(登録者数9,500人)が投稿した「Assaulted on a Tokyo train (live footage)」では、自身が痴漢の被害に遭ったことを告白しています。

こちらの動画も、日本の女性がツイートしたことで注目が集まっています。

Keiraは、電車の中で動画を撮影している最中に痴漢に遭遇。
動画では、

「日本では体のラインが見えるような服とか肩があいてる服とかは痴漢されやすいから着ちゃいけないの。なんで?なんで私たちが痴漢するような男の人たちのために好きな洋服を好きなように着られないの?」(ツイートより)

と話しており、国内でも多くの女性が共感しています。
 

痴漢被害の減少につながるか

海外には痴漢をはじめセクハラに対して非常に厳しい風潮がある国も多く、日本の痴漢に対して疑問に感じる外国人は少なくありません。
こういった動画が日本でも再生され、痴漢行為に対する非難が広まれば、被害に合う人がいなくなる日も来るのかもしれません。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.08.12~

もっと見る