さとちん、無断転載された動画が600万再生とバズってしまう

UFOキャッチャーに挑戦する動画などを投稿するYouTuber「さとちん」(登録者数44万人)。
自分の動画が第三者に無断転載されたあげく、その動画がバズってしまっていることをうけ、「最悪極まりない」と苦言を呈しています。

金の延べ棒を取り出すチャレンジ

さとちんは2018年8月1日、「金の延べ棒を取り出す方法!攻略して景品ゲット!佐渡金山!佐渡島旅行」という動画を投稿していました。

「佐渡金山」は、江戸から平成にかけて78トンの金、2,330トンもの銀を産出してきた日本最大級の金銀山。

観光施設「史跡 佐渡金山」は、展示資料室で時価総額6000万ともいわれる金の延べ棒を取り出すチャレンジを用意しており、目玉の一つとなっています。
(参考:史跡 佐渡金山「展示資料室」)
さとちんもこれにチャレンジし、見事取り出すことに成功する様子を動画として公開しました。

この動画は6月12日17時までに、255万回再生されています。

動画が無断転載される

ところが、この動画が無断で海外のYouTuberに転載されてしまいます。

転載されたと話すのは、2019年4月15日に「Super Science」が投稿した「जीत जाओ चैलेंज ले जाओ 64 करोड़ का सोना | Dubai airport 20Kg Gold bar Challenge winner really」。
実際に見てみると、動画の1分30秒あたりから、さとちんが延べ棒を取り出すチャレンジに挑むシーンがそのまま使われています。

この動画は6月12日17時までに637万回も再生されており、もととなったさとちんの動画と比べると、再生回数はなんと約2.5倍。
動画には広告もつけられており、投稿者は莫大な広告収入を得ていることが予想されます。

転載はガイドライン違反

YouTubeは動画の転載について、

著作権センター
著作権を守りましょう。自作の動画または使用権を認められた動画のみアップロードするようにしてください。つまり、必要な許可を受けずに自作ではない動画をアップロードしたり、他者が著作権を所有しているコンテンツ(音楽トラック、著作権で保護された番組の一部、他のユーザーが作成した動画など)を自分の動画で使用したりしないでください。
(YouTube「コミュニティガイドライン」より)

と、著作権保護の観点から投稿を禁止しています。

事務所が迅速に対応

今回の転載に関して、さとちんが所属する事務所「UUUM」の代表取締役を務める鎌田和樹氏は、ツイッターで

と、転載について対応したことを報告。
さとちんのツイートからわずか16時間で対応する迅速さはさすがでした。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.08.12~

もっと見る