ゆゆうた、Twitterアカウントが乗っ取られる

2019年6月16日、「ゆゆうた」(登録者数43万人)がTwitterアカウントを乗っ取られたことを報告しました。

パスワードリセット機能が悪用される

6月15日、「犬山たまき」(登録者数16万人)とゲーム実況の生配信を実施していたゆゆうた。
スマホの画面をそのまま写してゲームをしていたところ、突然Twitterのパスワードのリセットコードが画面上に表示されました。

YouTube

Twitterではパスワードがわからくなりログインできなくなったときのために、パスワードをリセットする機能があり、
Twitterのユーザー名を入力すると、リセットのためのコードを携帯電話のショートメールで送信することができます。

何者かがゆゆうたのユーザー名を騙ってパスワードリセットのコードを送信、それが配信画面にそのまま表示されてしまったようです。
そして何者かはそのコードを使って、ゆゆうたのTwitterにまんまとログインしたということです。

ユーザー名が変更され、ツイートも削除

視聴者からの指摘で、配信中に乗っ取りに気づいたゆゆうた。
ゲームを中止して対応しますが、Twitterのユーザー名を変更され、鍵アカウントにされたり、ツイートも何個か消されてしまいました。

しかし、配信中ゆゆうたが、これは「犯罪行為」だと呼びかけたことで、乗っ取り犯からゆゆたのツイッターの別アカウントにDMが。
「もう二度としないんで、アカウント返すんで、本当に勘弁してください」という内容が書かれていたようで、ゆゆうたは乗っ取り犯と電話で直接会話。
無事にアカウントは返してもらったそうです。
ゆゆうたによると、乗っ取り犯は18歳の男性だったとのことです。

アカウントの乗っ取りは不正アクセス禁止法違反

芸能人などもたまに被害に遭うアカウントの乗っ取りですが、これは「不正アクセス禁止法」という法律に違反する行為です。

他人のIDとパスワードを、不正に「取得・保管・入力を要求」してはいけないことが明確に規定されています。(中略)
「不正アクセス禁止法」を犯した際の罰則は、3年以下の懲役、または100万円以下の罰金です。逮捕され、裁判にかけられ、刑罰が与えられ、社会的な信頼が揺らぎ、前科もつく。
NO MORE情報漏えい

ゆゆうたは、今回の出来事を踏まえ、

スマホゲーを実況するときは通知を切っておこうね♪

と歌って報告を締めくくりました。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.07.10~

もっと見る