ヒカキン、はじめしゃちょー、東海オンエアらがリレー対決

2019年6月17日、「ヒカキン」(登録者数743万人)が「【大雨】YouTuber 4×100mリレーで真剣勝負!【土砂降り】」という動画を公開。
動画には、東京五輪のスポンサーであるコカコーラの“公式アンバサダー”を務めるYouTuberとして登場。
(関連記事:サッカーキング「堂安律が綾瀬はるかや北島康介、HIKAKINらと東京五輪聖火ランナー参加を呼びかけ」)

ヒカキンやはじめしゃちょーがリレー対決

コカ・コーラ1年分を賭けて、4x100mのリレー対決に挑みました。
参加したYouTuberは、ヒカキンのほか「はじめしゃちょー」(登録者数797万人)、「フィッシャーズ」(同559万人)、「東海オンエア」(同453万人),「水溜りボンド」(同398万人)、「アバンティーズ」(同161万人)という豪華メンバー。

土砂降りの雨の中、ずぶ濡れになりながら、
YouTuberたちは、五輪カラーをあしらった5色のチームに分かれました。

■緑チーム
①はじめしゃちょー
②マサイ(フィッシャーズ)
③虫眼鏡(東海オンエア)
④そらちぃ(アバンティーズ)

■青チーム
①シルク(フィッシャーズ)
②としみつ(東海オンエア)
③ツリメ(アバンティーズ)
④トミー(水溜りボンド)

■黒チーム
①ヒカキン
②りょう(東海オンエア)
③モトキ(フィッシャーズ)
④しばゆー(東海オンエア)

■黄色チーム
①カンタ(水溜りボンド)
②ゆめまる(東海オンエア)
③リクヲ(アバンティーズ)
④ぺけたん(フィッシャーズ)

■赤チーム
①てつや(東海オンエア)
②てつや
③てつや
④てつや

てつやだけ1人で400m走

人数の都合ということで、てつやは1人で400mを走らされるという展開に。
てつやは

(相手は)素人の集まりですからね。僕の優勝は堅いですね

と強がります。

ちなみに、てつやは高校時代は陸上部に所属していましたが、長距離が専門。
りょうとゆめまるも同じ高校で陸上部に所属していました。

怪我で欠場のンダホがスターターと解説を担当。

土砂降りの雨という最悪のコンディションの中、怪我で欠場したンダホの号砲でスタート。

アンカーのぺけたんが俊足を見せる

第一走者はてつやとカンタが俊足を見せ、他の3チームとの差を広げます。

元スキー部で体力はありそうなヒカキンは、5人の中で一番鈍足でした。

第2走者にバトンが渡ったあとは、トップを走っていたてつやがゆまめるに抜かれ、黄色チームが1位に。
第2走者では、元陸上部のゆまめるとりょうがスピードを見せつけました。

第3走者では、ツリメとモトキがトップを走る黄色チームリクヲとの差をぐんぐんと詰めました。
てつやはバテて最下位に。
4チームがほぼ横並び状態での最終走者へのバトンパス。

YouTube

最初はわずかに青チームのトミーがリードしていましたが、黄色チームのぺけたんがスピードを見せつけ、最後には数メートル差をつけて圧勝。
黄色チームがコカ・コーラ1年分の賞品を手にしました。

今回の動画はプレミア公開で公開されており、最大約4万8000人が同時視聴。
チャット欄でも声援が飛び交い、応援も盛り上がっていました。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.07.10~

もっと見る