ジョーブログ、”垢BANリーチ”で動画投稿禁止される

2019年6月24日、「ジョーブログ」(登録者数132万人)がセカンドチャンネルで「【大ピンチ!】動画が上げれなくなりました。」という動画を公開しました。

2度目の違反警告

ジョーによると、YouTubeのコミュニティガイドライン違反により、メインチャンネルが2回目の違反警告を受けたため、2週間動画が投稿できない状態になったようです。
今回違反の対象となったのは6月22日に公開した「【合法賭博!】鳥同士が殺しあう闘鶏(チキンファイト)」(現在は削除)とのことですが、ジョー自身はその判定に驚きを隠せないようでした。

YouTubeの違反警告の仕組み

YouTubeでは、ガイドライン違反があった場合、数段階にわけで罰則が実施されます。
初回の場合は「事前警告」が与えられ、以降は3段階の「違反警告」が与えられます。
事前警告を受けた後の1回目は1週間、2回目は2週間の投稿禁止という罰則が与えられますが、その後90日間違反がなければそれまでの違反警告はクリアされます。
一方、3回目の違反警告を受けると、チャンネルは永久に削除、いわゆる“垢BAN”となります。
(関連記事:YouTubeヘルプ「コミュニティ ガイドラインの違反警告に関する基礎知識」)

垢BANリーチ

ジョーブログは2回目の違反警告のため、2週間の投稿禁止の処分が課せられますが、今後90日間に再度違反警告を受けると、“垢BAN”となります。
いわゆる”リーチ”状態です。
ジョーは、

普通やったらYouTuberの皆さんやったら、(違反警告が)2個ついたときって活動休止する人とか多い。
やけどやで、もうちょいで青春の夏くるやん!(中略)
3カ月活動休止して待っとったらもう夏越えてまうがな!

と、YouTuberにとって稼ぎどきである夏休みを活動休止して過ごす気はないようです。

今後は3チャンネル体制

ジョーは、登録者を100万人以上持つメインチャンネルは監視の目が厳しいと考えているようで、今後メインチャンネルはルールをしっかり守った上で運営を継続していくと発表しました。
また、現在のサブチャンネルは「ジョーブログDEEP」と改名し、こちらはアダルト系なども含めた、攻めた企画を扱うチャンネルとして運営していくとのこと。
なお、これまでサブチャンネルで扱っていた日常動画などは、新たに立ち上げたサブチャンネルで公開していくそうです。

今後は
ジョーブログ(メインチャンネル)
ジョーブログDEEP(攻めた企画)
ジョーブログ2nd(日常系)
の3チャンネル体制となります。

違反警告を受け、ジョーはメインチャンネルの過激な動画を大量に削除したそうです。
当サイトの集計によると23日以降、34本が削除されています。

 

最新ニュース

もっと見る

ニュースアクセスランキング2019.10.15~

もっと見る