超実戦護身術SSRセルフディフェンス

超実戦護身術SSRセルフディフェンスexit_to_app

people チャンネル登録者

5660

登録者数が非公開か、YouTubeの接続制限のためリアルタイムデータが取得できません。

5660

11244位

  • play_circle_filled動画再生回数

    279万5445回

    9035位

  • thumb_up高評価率

    85%

  • videocam動画数

    437

    (4624位)

YouTubeの仕様変更のため9月18日以降、登録者数が簡略表示となっています

データ取得日時:登録・再生数: 1月26日 19:05 /
評価率・動画数: 1月27日 00:03

タグ

コメント

Loading...

もっとコメントを見る

公開コメントを投稿する

YouTubeチャンネル概要

禅・水心流空手道拳誠会館館長、実戦護身術SSRセルフディフェンス代表である河合主水(カワイモンド)によるオフィシャルYoutubeページです。空手道・護身術・武術全般を中心として紹介していきます。

< プロフィール >

幼少時から父、禅・水心流宗家の元で実戦空手・実戦護身術を学び、現在、禅・水心流空手道拳誠会館(同禅水心流拳誠会館護身道)館長。
もう一つの顔として極秘施設「超実戦護身術SSRセルフディフェンス」総括師範(実戦護身術専門家)、日豪治安調査人、潜入調査人(主に組織犯罪・薬物犯罪)、日本護身用品協会会員及び護身用品販売店「SSRセルフディフェンス」店長。
元豪NSW州政府公認ボディーガード兼ブローセル用心棒。

独自の観点から武道家・護身のプロ目線で巷の護身術を斬っており、主に護身体術の有効性の確認及び修正や、対凶器(刃物・バット等)に対する護身体術の見直し(危険性の提唱)、凶器で襲われた際のバッグ、ジャケット、傘やクリップボード等の「防護盾」使用の推奨を行っている。
主に凶器に対抗する護身術での防護盾使用については世界でも第一人者である(世界の護身術団体は皆体術を率先して訓練している)。

凶悪犯罪於ける護身術に於いて、防護盾の使用、護身具や身の回り品の使用の推奨を提唱、軽度犯罪における護身術についてはバーバル(口頭護身術、口頭誘導)、法律・兵法等を駆使した護身術を教授している。
また、熊撃退法を中心とした対野獣護身術施設「SSRセルフディフェンス~ザ・ワイルド~」も運営している。
豪シドニー滞在中の際、水心流空手・護身術・武器術の指導及び支部設立に邁進するも、シドニーを中心とした豪州治安情勢を独自に調査。現地犯罪組織・犯罪現場への潜入調査、ナイトクラブでの麻薬実態調査などを積極的に行う。
また、現地にて豪NSW州政府公認、SG(セキュリティーガード)、BG(ボディーガード)、カテゴリーH(SG専用拳銃携帯証)ライセンス取得後、アカデミーにてBG特殊訓練課程、BG用特殊射撃訓練課程を修了。
現地ではオフィシャルに限らず、「UBG」=アングラ・ボディガードを含む犯罪潜入経験を生かした「ロー・プロファイル」を使用した身辺警護を行った(っている)。
チャンネル開設日2006年9月28日(4,868日)
ランキング登録2019年4月8日
18372